IPTP Networks / Library / IPTP ERPとCRM

IPTP ERPとCRM

IPTP ERP&CRMは、ソフトウェアとハードウェアの両方で構成され、SaaS(Software as a Service)配信プラットフォームを介して提供される、サブスクリプションベースのスケーラブルで容易に拡張可能なエコシステムです。

棚卸から財務分析、人事管理、受注管理など、さまざまなタスクを実行します。 IPTP ERP&CRMシステムは、54万行以上のコードを含む複雑なプログラミングソリューションです。
Googleのシステムの主な目的は、ビジネスプロセスのどこでどのように資金が流れているかを完全に理解し、近い将来の収入を正確に計画できるように、財務データを整理することです。

一般情報:

主要なビジネスプロセスを完全に自動化し、大幅にコストを削減し、作業を体系化し、人的ミスを最小限に抑えます。

SaaSによる展開と購読ベースの性質により、適切な機器の購入に伴う追加費用を回避でき、企業活動を支える最も費用効果の高い方法を提供できます。

すべてのビジネスプロセスの迅速な運用を保証します。すべてのERPアプリケーションが互いにシームレスに情報を共有し、その結果として、アクセスの容易さとその結果としてのミスコミュニケーションを最小限に抑えながらビジネスを強化します。

お客様の成長に対応するための柔軟性を維持しながら、展開の容易さ、およびお客様のニーズに合わせてカスタマイズされたプロフェッショナルなメンテナンスとのシームレスな統合を特長としています。

利点
  • 高価な機器を購入する必要はありません
  • 高可用性システム – あなたはあなたの会社のデータへの安全なアクセスを持っています
  • リアルタイムソフトウェア生成レポート
  • オーダーメイドのビジネス固有モジュールを介して拡張可能
  • 企業レベルのセキュリティ
  • サブスクリプションベースの性質により、モジュールは完全に交換可能であり、個々のビジネスニーズに応じて調整することができます
  • Webアプリケーション:あらゆるオペレーティングシステムにインストールされたあらゆるブラウザから柔軟なインターフェースにアクセスし、Webアプリケーションとしてリモートで安全に実行することができます
  • ERPシステムは一般的にIPTPサーバー上に展開されています。これらのサーバーは非常に信頼性が高く、比類のない保護機能を備えています

IPTP ERPおよびCRMの機能:
作業スケジュール

各従業員の勤務スケジュールと稼働状況の監視はメインインターフェースから直接行うことができ、管理者はタスクを簡単かつ迅速に計画し指定することができます。メインページには、会社の従業員の勤務スケジュールと現在のユーザに関する追加情報が表示されます。この情報は、週あたりの勤務時間数とともに表示されます。利用できない従業員に関する情報も表示され、病欠、失業などに関する新しい文書を[個人]セクションに作成できます。

テレフォニーシステムには、IVRのレジストリで使用できる各従業員の個人内線番号が含まれています。レジストリは、各従業員が自分の交代時に義務を負うことができる職務を従業員間で分担することを可能にします。従業員が義務を負う場合、その従業員は、そのシフトが終了するまで、および/または職務を担当する部門が担当する部門(営業、技術サポート、経理、物流など)に対する顧客の要求に応答する責任を負います。次の従業員このシステムは職務を分配するのを助けます、そしてそれは順番にすべての顧客が24時間365日サポートを受けるのを確実にします。


スマートブックキーピング

このIPTP ERP&CRM機能により、顧客とサプライヤとの自動モードでの決済の追跡が可能になり、関連プロセスが簡素化され、人的ミスが最小限に抑えられます。会計士が残高や未払いの請求書を確認する必要はありません。システムは、支払いの遅延について通知を顧客に送信し、通知された顧客に関するレポートを表示します。クライアント選択の基準は手動で設定でき、例外を発生させることができるクライアントのリストを個別に作成することもできます。システムはまた、ユーザーが使用済みの領収書やサービスに対して自動的に生成された請求書を送信できるように設計されています。


サービス
サービス注文書

顧客サービス用のフォームの作成は、顧客の注文に関して必要なすべての情報を整理し、柔軟なパラメータ設定を可能にする非常に便利な機能です。サービスパッケージの形成は、あらゆる種類のサービスに対するカスタムメイドのオプションの組み合わせの作成を可能にし、あらゆる仕様に基づいて構築することができる。パッケージ形成は、それをカスタマイズできるように設計されているため、すべてのクライアントの個々の要件に適したパッケージになります。一連の統合ルールにより、入力されたすべての情報が常に有効であることが確認されます。完成したフォームは印刷するか、またはクライアントに送付することができ、署名されたバージョンはファイルとして添付してシステムに保存することができます。

サービス要素

顧客注文書には、さまざまな種類のサービスを含めることができます。すべてのサービスは、無制限の量のいわゆるサービスエレメント(SE)で微調整できます。サービス要素は、地理的な場所、配信オプション、特定の種類のハードウェアなど、サービスの種類や特性に関する情報を含む「スマート」なERPオブジェクトです。

すべてのサービス要素の入力データは個別に選択できます。ここに含まれていないサービス要素が必要な場合は、いつでも新しいものを定義できます。 SEは、特定のサービスを制御したり、誤って設定されている可能性がある場合に通知を送信したりするためにも使用できます。

サービス互換性マトリックス

この機能は、サービスの一貫性を示し、互いの依存関係を確立するために設計されています。これは、一緒にしか販売できないサービスを組み合わせる場合に特に役立ちます。サービス互換性マトリックスのパラメータはさまざまであり、相互に依存する個々のサービスを組み合わせることで、販売する準備が整ったより完成したより複雑なパッケージを形成することができます。


データ交換と統合

IPTP ERP&CRMはオープンAPI(Application Programming Interface)上で動作します。つまり、すべてのERP機能をあらゆるサードパーティシステムと統合することができ、データをシームレスに交換し、双方向でアクセスすることができます情報システム。

ERPは、RT(Request Tracking)システムとCactiの両方と対話できる中心的な構造です。クライアントアカウント情報は、Cactiから直接アクセスでき、ERPシステム用に別のアカウントを作成する必要はありません。 ERPシステムとRTシステムの統合により、従業員は依頼を受けた瞬間にクライアントに関する情報を入手できます。クライアントがしなければならないのは、Cactiにログインし、必要なERPセクションに入ることだけです。そして、彼は必要な情報をすべて表示したり変更したりできるようになります。会計ソフトウェアにデータをエクスポートすることもできます。


オンラインデモ版

https://erp-demo.iptp.net




Captcha:
Live Assistant